大元駅前にもタワーマンション再開発?岡山市の開発スピードは三大都市圏並み?

今回は大元駅前にあったオメガ鹿田店跡地についてご紹介いたします。

オメガ鹿田店は5月10日をもって営業を終了しています。

上の写真を見てもわかる様に現在は解体工事中です。

跡地についてはどうなるか不明ですが、大元駅にも近い人気のエリアです。

敷地面積は約4000m2と見られ、容積率400%、延べ床面積約16000m2(マンションであれば20000m2)までは建築可能となります。

北道路でこれだけの規模があればもしかすると大元駅前初のタワーマンションとなる可能性もあります。

ここ最近の岡山市を見ていると規模は小さいものの、岡山市中心部に限って言えば、三大都市圏並みの開発スピードです。

岡山市は全国一都心回帰を成功した都市と言っても過言ではありません。

 
イイネ!
↑51イイネ!されています。こちらの評価を元に今後の方向性を決めていきたいと思います。ご協力をお願い致します。momocharousanより
読み込み中...